スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

PSRとHRNのNYC共催イベント「フクシマ惨事の健康影響:公開討論」プレスリリース和訳

PSRのプレスリリースの和訳(原文はこちら。PDFはこちら。)
フクシマ惨事の健康影響:公開討論
2013年10月24日 ニューヨーク州ニューヨーク市
人権専門家は、フクシマ原子力事故によって被ばくした人々の健康への権利を守るために 即時に行動を起こすことを呼びかける。
医師グループによると、国連科学委員会の報告書はフクシマ原子力惨事の 健康影響を系統的に過小評価している
公開討論
1024日(木)午前9時半から正午まで
バハイ・インターナショナル・コミュニティー、866 UN Plaza, Suite 120, NYC
もしくは、イベントの録画動画がWWW.PSR.ORGにアップされる予定。
入場料は無料。国連パスは必要なし。事前の申し込み必須。取材班メンバーのリスト、連絡先と所属先をHRNNY1024@gmail.comまで送ることを願う。
社会的責任を果たすための医師団とヒューマン・ライツ・ナウ共催イベント
目的:フクシマに関して対立する2つの報告書が、10月25日の国連総会に提出される。ひとつは国連人権委員会「健康への権利」特別報告者の報告書、もうひとつは原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)の報告書で、それぞれ、国連総会の第3委員会と第4委員会に提出される。特別報告者のグローバー氏がグローバー報告書について、ラカウ医師がPSRとIPPNWのUNSCEAR報告書についての論評(および概要)を議論する。井上氏が日本の状況における人権についての懸念を議論する。これらの報告書の世界的な影響に焦点があてられることになっている。
2011年のフクシマ原子力災害以来、日本の住民やコミュニティーは危険なレベルの放射線にさらされ続けている。その結果としての汚染地域の住民への健康影響に関して、深刻な懸念がある。住民は、安全で健康的な環境に住む権利があるが、防護措置や支援が十分に提供されていない。医療および自分の体の医療データへのアクセスへの権利が著しく侵害されている。専門家は、2つの国連報告書が、原子力災害後に影響を受けた住民の生活と健康に関する政策にどのように影響するのか、そして住民らの基本的人権を保護するために直ちに何をするべきかを話す予定である。
発表後に質疑応答の時間がもうけられている。
場所:バハイ・インターナショナル・コミュニティー、866 UN Plaza, Suite 1…

UNSCEARの国連総会への2013年フクシマ報告書についての論評の概要

「原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)の国連総会への2013年10月のフクシマ報告書についての注釈付き論評」全文はこちら
下記の概要のPDFはこちら。英語原文はこちら



UNSCEARの国連総会への2013年フクシマ報告書についての論評の概要  社会的責任を果たすための医師団(PSR)米国
国際核戦争防止会議(IPPNW)ドイツ支部
放射能フォールアウトの人間の健康および生態系への影響を懸念する医師グループとして、原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)が近々国連総会に提出する報告書を批評した。フクシマ原子力災害についての広範囲に渡る複雑なデータの評価に尽力されたUNSCEAR委員会のメンバーに感謝の念を表したい。UNSCEAR報告書には、炉心溶融による公衆衛生と環境への影響の将来的な評価において役立つ情報が含まれてはいるが、その反面、大惨事の真の影響を系統的に過小評価をしていると思われる。UNSCEAR報告書内の仮定の多くは2012年5月と2013年2月に公表された WHO/IAEA報告書に基づいているが、これらの報告書は、真の放射線被ばく量を正しく伝えておらず、不完全な仮定に従っており、過去2年半以上に渡って継続している放射能放出を無視し、放射線の非癌影
国連総会へのUNSCEARの現在の報告書に関して、最も重要であるのは、次の10の問題である。
1) 日本でより大きな大惨事を防いだ主要因は風向きだった 2) 原子力災害は進行中であり、放射性物質を放出し続けている 3) 放射性物質の放出と放射線への被ばくの推定は、中立的な情報源に基づくべきである 4) 福島産の農作物の推奨は、放射線被ばくのリスクを増加させる 5) ホールボディーカウンターは、内部被ばく量を過小評価する 6) 東電の作業員の線量評価は信頼できない 7) 胎芽の放射線への特別な脆弱性が考慮されていない 8) 甲状腺癌や他の癌は、今後数十年間に渡ってモニタリングする必要がある  9) 非癌疾患や放射線の遺伝的影響も、また、モニタリンングされるべきである 10) 放射能フォールアウトと自然放射線との比較は誤解を招く
2013年8月20日現在、福島県の18人の子供達が甲状腺癌の診断を受け、さらに25人の細胞診の結果が癌性病変を疑わせるものである。この子供達の甲状腺癌が放射線誘発性であるかど…

原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)の国連総会への2013年10月のフクシマ報告書についての注釈付き論評

PSR(社会的責任を果たすための医師団)とIPPNW(国際核戦争防止会議)ドイツ支部の、UNSCEAR2013年10月フクシマ報告書(部分和訳はこちら)に対する論評の公式和訳全文を、PSRとIPPNWの許可の下に掲載する。PDFはこちら。英語原文はこちら







原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)の国連総会への2013年10月のフクシマ報告書についての注釈付き論評

社会的責任を果たすための医師団(PSR)、米国
世界的存続のための医師団、カナダ
MedAct−より安全、公平、そして良い世界のための医療専門家団、英国 核戦争防止国際医師会議(IPPNW)、ドイツ 社会的責任を果たすための医師団/核戦争防止国際会議、スイス 核戦争防止医師協会、フランス 核戦争防止医師協会、イタリア
平和と発達のためのインド医師団、インド 人類の福祉のためのナイジェリア医師会 社会的責任を果たすための医師団、マレーシア
社会的責任を果たすための医師団、エジプト オランダ医学戦争学協会、オランダ Independent WHO−原子力と健康への影響


骨に癌ができ、血液は白血病を患い、肺に毒が入ってしまった子供たちや孫たちの数は、自然由来の健康被害と比べると統計的に小さいと思えるかもしれない。しかし、これは自然由来の健康被害ではない。さらに、統計的な問題でもない。人間の命が1人分でさえも失われるということ、あるいは、赤ちゃんが1人でも奇形を持って生まれてくるということは、例えその赤ちゃんが、我々が皆死んでしまったずっと後に生まれて来るかもしれなくても、我々全員にとって重要なことであるべきだ。我々の子供たちや孫たちは、我々が無関心を装ってもよいような、単なる統計ではない。ジョン・F・ケネディー、1963726

「リスクモデルによる推定は癌リスクの増加を示唆するが、放射線誘発性の癌は、現時点では、他の癌と区別がつかない。ゆえに、この集団における、事故による放射線被ばくのせいである癌発症率の識別し得る増加は予期されない。」
UNSCEARの国連総会への報告書、20131025


概要 はじめに 考慮すべき10の問題 1)