スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

和訳:イアン・フェアリー「原子力発電所近辺での小児がんを説明する仮説」

原子力発電所近辺での小児がんを説明する仮説イアン・フェアリー
英語原文はこちら(有料)、英語原文PDFはこちら 注:この和訳は、著者であるイアン・フェアリー氏の許可を得ている。
「原子力発電所近辺での小児がんを説明する仮説」by イアン・フェアリー by Yuri Hiranuma

ハイライト
原子力発電所近辺でのがんの増加について、世界中で60以上の調査が行われてきており、そのほとんどで白血病の増加をしめしている。ドイツ政府のKiKK調査研究は、非常に有力な証拠を提供している。本仮説は、がんは原発近辺に居住する妊婦への放射線被ばくによって発生すると提案する。燃料棒交換時の放射性核種の大気中への放出スパイク(急上昇)が被ばくの増加に繋がる可能性がある。公式の線量推計値とリスク増加との間の食い違いについての説明がされている。

アブストラクト
世界中の60以上の疫学研究により、原発近辺での小児がん発症率が調査されてきた。ほとんどの研究で白血病の増加が示されている。このうちのひとつ、ドイツ政府から委託された2008年KiKK調査研究では、ドイツのすべての原発で、5 km以内に居住している乳幼児においての相対リスク(RR)が、全がんで1.6、白血病で2.2であることが判明した。KiKK調査研究は、これらのがんの増加の理由についての議論を再燃させた。本稿で提案されている仮説は、がんの増加は、原発近くに居住する妊婦への放射線被ばくにより引き起こされるとしている。しかし、どのような理論でも、原発からの放出物による公式線量推計値と観察されたリスク増加の間に1万倍以上の食い違いがあることを説明できねばならない。ひとつの説明としては、原発からの放射性核種の大気放出スパイクによる線量が、年間平均を用いることにより希釈されてしまっている公式モデルの線量推計値よりも、大幅に上回る可能性が考えられる。さらに、胎芽と胎児へのリスクは、成人へのリスクよりも大きく、造血組織の放射線感受性は、新生児よりも胎芽と胎児でもっと大きいと思われる。被ばく線量の増加の可能性と線量あたりのリスクの増加の可能性を掛け合わせた積が、説明となるかもしれない。
1.はじめに
1950年代初めに、Folleyら(1952)により、原爆被爆者において白血病リスクの増加が観察された。1950年末には、Stewartら(1958)が放射線被ばく…