スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

IPPNWの共同代表ティルマン・ラフ医師の講演内容書き起こし和訳

131106 国連科学委員会(UNSCEAR)福島レポートをどう読むか~IPPNWの共同代表・ティルマン・ラフ博士を迎えて~
イベント情報はこちら
動画はこちら(00:44:18〜1:30:00)
講演スライドのPDFはこちら


ティルマン・ラフ氏は、オーストラリアの感染症・公衆衛生専門家の医師である。核戦争防止医師会議(International Physicians for the Prevention of Nuclear War、またはIPPNW)の共同代表であり、IPPNWオーストラリア支部である、戦争防止医師会(Medical Association for Prevention of War、またはMAPW)オーストリア支部の国際顧問でもある。
*****
講演内容書き起こし和訳

こんにちは。今日は、皆さんと午後を一緒に過ごし、現在も進行している、大変重要な問題についての国際公衆衛生からの視点をお話するためにお招きして頂いて大変ありがとうございます。



フクシマの話をするにあたって私が最初に述べるべきだと思うのは、皆さんへのお詫びです。その理由は、非常に残念なことに、フクシマとそれ以外の地域を汚染しているフォールアウトはオーストラリアで採掘されたウランから来たものだからです。




そして、そのウランは、ウラン鉱山がある土地の伝統的な管理者たちの強くて首尾一貫した反対に反して採掘されたものです。なので、それについて本当に申し訳なく思っています。

そして、健康における技術的なトップ機関はWHOだとご存知だと思いますが、WHOの内部では、放射線と健康についての専門的知識はあまりありませんが、専門家の招集力は非常に大きいです。そして、WHOの健康リスク評価の報告書は、2011年9月までだけの推定被ばく量に基づいていますが、今年の2月に発表されました。もうご存知だと思いますが、特に、汚染が最もひどかった地域の子供たち、そして作業員において、固形癌と白血病のリスクがかなり増加すると推定されました。



健康についての世界のトップの技術的機関として、WHOの言葉は本当に最終勧告であるべきです。正直、この時点では、私はUNSCEARなどなければいいのに、と思います。どうしてそう思うか分かりますか?

最初に、WHO報告書にかなり保守的な傾向が見られるにしても、それは例えば、屋内退避を考慮していないという…

ドイツTV動画「なぜ福島災害は無害化されているか」 ドイツIPPNW公式日本語字幕動画のナレーションの書き起こし(英語・日本語併記)

2013年10月1日ドイツのテレビ局3satの"nano"という番組で放映された、フクシマ原子力事故の健康影響が過小評価されていることに関する動画。ドイツIPPNWの理事会員である小児科医のアレックス・ローゼン医師は、UNSCEARの2013年フクシマ報告書論評(論評の和訳はこちら。論評の概要の和訳はこちら)を手がけた人物の1人だが、ドイツではUNSCEAR報告書への関心が強く、ローゼン医師へも早々とインタビューの依頼が来ていたと聞いている。
既に日本字幕付きバージョンも出回っているが、ローゼン医師自身によるドイツ語ナレーションの英訳の和訳が日本語字幕となっている、ドイツIPPNW公式版を紹介する。また、ナレーション書き起こしの英訳と和訳を下記に書き起こしとして掲載した。
インタビューされた人達。 アレックス・ローゼン、小児科医、IPPNWドイツ支部 ヴォルフガング・ホフマン、疫学研究者、グライフスヴァルト大学 マーク・モリトール、ベルギーTVのジャーナリスト、UNSCEARベルギー代表についての記事の著者(その記事の和訳はこちら) キース・ベイヴァーストック、放射線生物学者、元WHOの放射線リスク研究部門の部長
3sat nano: Warum die Katastrophe von Fukushima verharmlost wird(3sat "nano" なぜ福島災害は無害化されているか)



ナレーション書き起こし

While contaminated water flows into the ocean near Fukushima and experts anticipate that the removal of the three melted fuel cores would not be finished for at least 40 years, good news seem to appear for a change. 汚染水がフクシマ近海に流出し、溶融した3つの燃料炉心の除去が最低40年間は終わらないと言われる中、趣向を変えて、朗報が出て来たようだ。
The harbinger of these good news was Wolfgang Weiss, the representative of the Germa…

福島県の公園では、1時間しか遊べない

福島市から京都に自主避難した女性、Akemiさんが、2013年3月に帰省した際に、福島市の実家の近所で撮った画像を紹介する。


看板の内容
公園を利用する皆さんへ
環境放射線の影響により、公園利用にあたっては次の点に留意してください。

公園の利用は、1日あたり、1時間程度としてください。公園の利用後は、手や顔を洗い、うがいをしてください。土や砂を口に入れないよう注意してください。
(問い合わせ先)福島市公園緑地課 TEL 525-3765


これが、その公園である。Akemiさんの実家周辺の3つの公園に、同じ看板が立っていたそうだ。砂場には、ブルーシートがかかっており、重しがしてある。実は、この公園は、緑地帯公園だったそうだ。Akemiさんは、先に息子さんを京都に避難させていたのだが、2012年8月に1週間ほど京都へ行っていた間に、除染作業の一環なのか、その緑地帯公園が普通の公園に変身していたそうだ。Akemiさんによると、毎朝この公園を突っ切って登校しているこどもがいるそうだ。

少し違う角度から撮られた画像では、左上に工事用のショベルカーが見える。


さらに別のアングルからの画像では、公園の上の方に工事現場があるらしいのが分かる。実は、ここに家が建つそうである。

Akemiさんがその工事現場に近づいて撮った画像。ラデックスでは、0.52 μSv/hと表示されている。

除染後には、’どの公園でも除染後の空間線量を表示されている。この公園の看板には、測定日は平成25年3月11日で、空間線量は0.186 μSv/hと書いてある。しかし、Akemiさんのラデックスは、0.49 μSv/hという、約2.5倍の数値を表示している。

ちなみに、福島県のテレビ番組では、このような「県内環境放射線量測定値」が、軽やかな音楽と共に、まるで天気予報のように放映されているという。


*****
なお、このような看板は、2011年4月25日から福島市各所で設置されていたらしい。

2011年4月25日の共同通信の記事の引用。

福島市公園に注意呼び掛ける看板 基準上回る線量 

福島市は25日、大気中から国の基準(毎時3・8マイクロシーベルト)以上の放射線量が検出された市内の二つの公園に「利用は1日あたり1時間程度としてください」と注意を呼び掛ける看板を設置し、砂場はブルーシートで覆った。

 福島第1原発から60キロ以上離れているにも…

国際連合総会第4委員会でのUNSCEARへのステートメント:中国の強い指摘、および日本の言い訳とクレーム

UNSCEAR2013年報告書が提出された、2013年10月25日国際連合総会第68回セッション第4委員会の動画より、中国国連代表のステートメントで福島原発事故関連の部分と、日本国連代表のステートメント全文の書き起こし和訳をした。この委員会のプレスリリースはこちら

中国代表のステートメントには、外交辞令ながらも、日本政府への強い要望が含まれていると感じた。日本代表のステートメントは、日本政府の「意図」が良く表されているようであり、2013年10月11日にUNSCEARが最初に報告書を第4委員会に提出した直後の下記の報道以来、不自然なほどこの報告書についての報道がない理由が伺えるようである。

朝日 10月12日 「内部被曝2割過小評価か 事故直後の作業員 国連委指摘」 毎日 10月12日 「福島原発事故:作業員の内部被ばく過小評価か…国連委指摘」 読売 10月13日 「作業員内部被曝、過小評価の可能性…国連科学委」

中国国連代表のZhao Xinli氏のステートメント
動画の1:05:54より:同時通訳のため、書き起こし中に、文章構成が不完全な部分が所々見られたが、極力意味が通るように和訳した。)

遺憾で痛ましいフクシマ原子力事故は、同様の事故が起こるのを防ぐための、より効果的な予防対策と、さらに包括的で徹底的および系統的な考察を求める視点を持ち、真剣な反省および注意深い調査と研究に携わることを促すものであります。

今でも、フクシマ原子力事故現場では二次的事象がまだ度々起こっており、世界中、特に近隣諸国の国民に大きな不安をもたらしています。当事国は、国際コミュニティー、特に懸念を持つ諸国の国民の不安が軽減されるように、誠実に責任を果たし、事故の余波と対応し、関連情報の透明性と信頼性を確保するために、時宜を得た効果的な対策を採用するべきであります。

(中略)

原子力放射線がもたらす課題を目の前に、国際連合は、原子力放射線の安全性を確保する役目を果たすべきです。これは、次の4つの分野で行なうことを示唆いたします。

最初に、大きな原子力事故(訳注:"the"とあるので、この場合はフクシマ事故のこと)の余波を適切に処理し、学ばれた教訓を復習すること。原子力大事故が、人間に生理学的、及び心理学的に及ぼす悪影響を考慮すると、将来的予防のために、悪影響を評価し、かつ学ぶべき教訓…