スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

桑原氏の自主的な除染活動と子供たちとの約束

桑原 豊氏(ツイッター上では「桑ちゃん」)は、東京電力福島第一発電所で、技術部技術科調査班や、使用済み燃料作業・PLR配管改造工事・タービン本格点検等の放射線管理者などの仕事に従事した経験を持つ。浪江町から埼玉県に避難中であるが、放射線に関する専門知識を活かし、福島県各地で自主的に放射能測定や除染活動を行なっている。

2013年6月22日に、たまたま福島県伊達市梁川町の「やながわ希望の森公園前駅」を訪れた際、空間線量が高いのが気になった。駅長に頼まれ駅構内を測定した所、空間で1 μSv/hを超えていたため 、早急に除染を開始。翌日の6月23日には、 駅構内およびロータリーを詳しく測定し、人の出入りの多いところから除染をした。

除染前のプラットフォーム(6月22日) 
1cmの地表面線量は最大で10.2 μSv/h、1m高さでの空間線量は最大で1.86 μSv/hだった。



除染後のプラットフォーム(6月23日)


 6月24日に測定された数値に基づいた、駅プラットフォーム付近の線量分布図



6月23日に玄関正面前を除染した後のモニタリング結果 (6月24日測定・撮影)





伊達市梁川町の学校は小中高ともこの「希望の森公園前駅」の近くに集中しており、隣駅「梁川駅」や「保原駅」等からも通って来る。駅前ロータリーの歩道で父兄の迎えを待つ生徒達も多く、コンクリートの縁石に座って待っている。

この線量分布図は、6月22−23日に除染した箇所を6月24日に測定した後に作成された。駅正面玄関の歩道で、生徒達が縁石に座って待っている場所の地表面線量は、γ線のみで0.93 μSv/hだった。




桑原氏は、子供たちに、7月半ばの三連休の最終日である7月15日までに座れる場所を除染しておくように頼まれ、「休み明けにはステーションの出入り口から電話ボックス前まではきれいにしておく。」 という約束を交わした。約束どおりに除染し、子供たちには電話ボックスの先の縁石に座らないように指示してある。やながわ希望の森公園前駅の駅長兼ステーション内の飲食店「八幡」経営者の女性が、子供たちと信頼関係を築いており、常に子供たちに気を配り、縁石に座らないように注意を促している。

大西 淳氏が7月14日に撮影した

第68回 国連総会に提出されたUNSCEAR報告書 A/68/46 の部分和訳(英語原文併記)

Report of UNSCEAR to the 68th General Assembly (A/68/46)
http://www.unscear.org/
https://docs.google.com/file/d/0B9SfbxMt2FYxU0hBRzNFZjJ3YVE/edit?usp=drive_web



Chapter II  Deliberations of the United Nations Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation at its sixtieth session
第2章 原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)の第60回セッションでの審議

3. The Scientific Committee held its sixtieth session in Vienna from 27 to 31 May 2013. Carl-Magnus Larsson (Australia), Emil Bédi (Slovakia) and Yoshiharu Yonekura (Japan) served as Chair, Vice-Chair and Rapporteur, respectively. The Committee took note of General Assembly resolution 67/112 on the effects of atomic radiation.
3. 委員会は、2013年5月27ー31日に、ウィーンで、第60回セッションを開催した。カール=マグナス・ラーソン(オーストラリア)、エミル・ベディ(スロバキア)および米倉義晴(日本)が、それぞれ、委員長、副委員長および報告者として務めた。委員会は、原子放射線の影響に関する国連総会決議案67/112を認識した。

A. Completed evaluations 
A. 完成した評価 

4. The Committee discussed in detail two substantive scientific documents. The principal findings of those two documents are summarized in a scientifi…