スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

安倍首相の京都の国際会議での発言に対するロバート・アルバレズ氏の疑問

米国の政策分析研究所の上級学者で、使用済み核燃料の専門家であるロバート・アルバレズ氏から松村昭雄氏への2013年10月8日付けのメールが転送されてきたので、原文と和訳を掲載する許可を頂いた。

和訳

親愛なる昭雄様、

安倍晋三首相が京都の国際会議で、福島原発事故の放射能の余波と対応するにあたり、「我が国はあなた方の知識と専門的技術が必要です。」と述べたのを興味深く拝見しました。

これは、もしも、必要である国際的支援の本質と範囲についてのいくつかの重要な問題に答えが得られるのであれば、肯定的な一歩であると言えます。

例えば、首相の言葉を受け、そのような支援と協力を確立するプロセスというのは、実際にはどのようなものなのですか?

この支援というのは、専門的な検討と評価に留まるものなのでしょうか?米国エネルギー省の上級の役職に携わった経験から、私は、専門家のパネルは有益であり得る反面、追跡調査やある程度の進歩がなければ、儀式的な役割で終わってしまう可能性があるという結論に至りました。

これは、余分の人員や用具の労力が必要となりますか?もしもそうなら、このような前例のない仕事の予算はいくらなのですか?福島原発事故の余波は、未知の領域にあり、東京電力株式会社(TEPCO)は、その能力を超えた困難な挑戦に直面しているように見えます。あいにく、国家としての日本にも同じ事が言えるかもしれません。核兵器生産後に残された使用済み原子炉燃料の安定化においての米国の経験を考えてみて下さい。1993年に、エネルギー省のハンフォード地区で、人間の環境に重篤なリスクの可能性を持つ、保管の重大な脆弱性が見つかりました。ハンフォードでの使用済み核燃料の安全な取り出しと安定化においては、以前にはなかったような技術の開発と配備が必要であり、それには、10年以上かかり、数十億ドルの費用が必要でした。それに反して、福島原発での原子炉の残骸と破壊された炉心の中での使用済み核燃料の処理というのは、私達がハンフォードで直面したよりも、あるいは、世界の他のどの場所でよりも、はるかに大きなチャレンジです。

何卒宜しくお願い致します。

ロバート・アルバレズ
政策分析研究所 上級学者

*****

英語原文

Dear Akio,

I noticed with interest that Prime Minister Shinzo Abe spoke a…

再掲:山下俊一の3月11日英語基調講演の完全書き起こし、および和訳

この記事は、2013年4月8日にこのサイトに掲載されたものである。スライド画像を拡大して見やすくした。スライド12のグラフ改ざんに関してはこちらを参照のこと。
10th Annual Warren K. Sinclair Keynote Address: Fukushima Nuclear Power Plant Accident and Comprehensive Health Risk Management
Shunichi Yamashita, M.D., Ph.D.
米国放射線防護協会 第49回年次大会 第10回ウォレン・K・シンクレアー基調講演
「福島原子力発電所事故と総合的健康リスク管理」山下俊一 2013年3月11日 米国メリーランド州ベセスダ 
動画 Yamashita’s lecture at the March 11 NCRP annual meeting
http://echo.colostate.edu:8080/ess/echo/presentation/d6ddb666-85bd-48a3-8d83-a691910906be
パワーポイント資料 PowerPoint slides
https://docs.google.com/file/d/0B3fFCVXEJlbvWmJRTlZXSTJhS28/edit

*****ここでは、山下俊一氏の2013年3月11日の米国放射線防護協会の第49回年次大会における基調講演の一語一句を、そのまま書き起こしました。山下氏が講演で使用したパワーポイント資料のスライド番号順に、そのスライドと符合した英語原文を記載し、「山下氏の英語」そのままの直訳和文と、内容と整合性がある意訳和文の両方を記載しました。スライド自体に関しては、基本的に和訳をする時間がありませんでしたのでご了承下さい。

直訳和文と意訳和文の2通りの和訳を記載した理由は、山下氏の英語は英語圏の人にさえも非常に分かりにくいため、情報が完全に伝わっていないと思われるからです。それをお伝えするために、聴衆がどのように受け止めたであろうかということを直訳和文で表しました。英文の文章が完全でないどころか文章そのものになっていない場合が多く、それを表すために、直訳和文では英語原文で動詞が使われていなかったら、直訳和文に語尾がない場合もあります。英語の言い回しも、言い方によっ…