スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

小児科医・遺伝子学者ウラジミール・ヴェルテレッキー氏のメールからの引用

小児科医・遺伝子学者ヴェルテレッキー氏の海外反核研究者・専門家メールリストへの2013年4月中旬のメールからの引用和訳:

マスコミによる原発などに関するニュースは、定期的に発信するように作られ、一般大衆を満足させ、反核グループに焦点からそれた議論をさせるという目的を達成している。それによって達成できるのは、一般大衆の気づきを鈍らせる事である。中でも特に、推進派が一番恐れていることである「健康影響」に関しての真実を、一般大衆が気づく事を鈍らせることである。

例えばマスコミは、トモダチ作戦の際に空母ロナルド・レーガンで被ばくした軍人たちの事を報道しない。この軍人達は、理想的な「自然発生の研究コホート」である。女性の軍人は生理が止まったという。

根本的な問題は「生物学的」なものであり、その枠組みの中でも「人間の健康」であり、その枠組みの中で原子力推進派の広報が一番困るのは、生理が止まる、精子の数が少なくなると言うような、将来の世代に関わって来ることである。こういう事を一般大衆が気づくの が、推進派が一番恐れていることなのである。

そういう問題を抹消するために、原子力推進派は、「線量が小さ過ぎる」という言葉などを呪文のように繰り返す。しかし、原子力発電所の「最悪の証明」は、「生理が止まっ た」「精子が動いてない」などの言葉であり、中でも小児白血病は、推進派エージェントにとっては、毒薬のようなものである。
我々には、「本当の」データの代わりに、原子力推進派があてがう「推測値」を受け入れる必要はないはずだ。電離放射線は先天性異常の原因であり、先天性異常の定義としては、白血病と甲状腺癌だけでなく、色々な種類の腫瘍も含む。原子力産業はなぜ、このような影響が起こらないということを実際にを示す動きをしないのか?
福島の「故障」の近くに居た妊婦の集団ベースの登録はどこにあるのか?言い訳ばかりで、証明がない。しかし、現実的なデータの要求もない。何故か?無知のためか?そうではないと思う。我々はニュース報道の欠点に焦点をあてがちであるが、私の視点では、これは避けることができる。
記事を書いている人に、どの位の子供の甲状腺機能が生まれつき異常なのかを明示できる立場にいる事を明らかにしてほしいと思う。生後に起こる癌ではなく。 それを、疫学研究者がクリーンだと認めるような形で出してほしい。もし異…

体内に取り込まれた放射性核種の神経精神的影響

Neuropsychiatric Effects of Ionizing Radiation Chapter 6 Neuropsychiatric Effects of Chronic Irradiation http://www.physiciansofchernobyl.org.ua/eng/books/Niagu/pdfs/Chapter6Rev.pdf

電離性放射線の神経精神的影響 第6章 慢性被ばくの神経精神的影響

142-143ページの表 表6.2 体内に取り込まれた放射性核種の神経精神的影響

亜鉛85 Zinc 65 (Zn-65) ベータ線とガンマ線放出核種 半減期 57分
筋肉、骨格、皮膚、肝臓、脳下垂体、すい臓と生殖腺に蓄積する。 神経性精神系の症状には、脳の生体電気活動の障害の記述もある。

ストロンチウム89 Strontium 89 (Sr-89) ベータ線とガンマ線放出核種 半減期 50.5 日 ストロンチウム90 Strontium 90 (Sr-90) ベータ線放出核種 半減期 29.1年
集中的に骨格(主に骨の成長ゾーン)に、特に妊娠中と授乳中に沈着する。胎盤を通して胎児に入り込み、母乳に入る。1%以下が軟組織に蓄積する。

また、骨格への蓄積は、骨痛症候群と自律神経無力症候群を誘発し、同時に、中枢神経系の器質性損傷を引き起こす。

ヨウ素131 Iodine 131 (I-131) ベータ線とガンマ線放出核種 半減期 8日 ヨウ素133 Iodine 133 (I-133) ベータ線とガンマ線放出核種 半減期 20.8時間
放射性ヨウ素は、子供の甲状腺、脳下垂体、腎臓に特に重大な影響を及ぼす。胎盤と胎児にも沈着する。甲状腺癌、副甲状腺癌や乳癌、また、多発性内分泌腺疾患 等を誘発する可能性がある。局部的な多発性神経炎、特有な首の異常感覚や神経痛、ホルネル症候群、片頭痛発作やしゃがれ声なども見られる。 また、放射性ヨウ素の影響は、胎児・新生児・子供の甲状腺機能低下症の増加を引き起こし、最終的にはクレチン症や他の精神・神経疾患も引き起こす可能性がある。

国連特別報告者アナンド・グローバー氏・日本調査報告書(2013年5月23日暫定版)内の「勧告」の和訳

国連特別報告者アナンド・グローバー氏・日本調査報告書2013年5月23日暫定版 http://www.ohchr.org/Documents/HRBodies/HRCouncil/RegularSession/Session23/A-HRC-23-41-Add3_en.pdf
22〜24ページ目の勧告の、下記のサイトのヒューマン・ライツ・ナウによる仮訳に同意できない部分があったので、和訳させて頂きました。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-05d7.html

Recommendations
勧告
76.The Special Rapporteur urges the Government to implement the followingrecommendations in the formulation and implementation of its nuclear emergency response system:
 特別報告者は、原子力緊急対応システムの策定と実施について、日本政府が以下の勧告を履行することを求める。
 (a)Establish regularly updated emergency response plans that clearly demarcate the command structures and specify evacuation zones, evacuation centres, and provide guidelines for assisting vulnerable groups;
 指揮命令系統を明確に画定し、避難区域と避難場所を特定し、被害を受けやすいグループを援助するためのガイドラインを提供する、定期的に更新された緊急対応計画を確立すること
 (b) Communicate disaster management plans, including response and evacuation measures, to residents of areas likely to be affected by a nuclear accident;
 原子力事故の影響を受けると思われる地域の住民に、事故対応や避難措置を含む災害対応について知らせ…

福島第一原子力発電所の避難区域に置き去りにされた 牛における人工放射性核種の分布

(この記事は、 2013年2月7日にFukushima Voiceオリジナルバージョンに掲載されました。)
http://fukushimavoice.blogspot.ca/2013/02/blog-post.html


東北大加齢医学研究所の福本学教授らのチームによる、福島原発の20キロ圏内で置き去りにされた牛の内部被ばく研究の要点和訳です。

英語論文リンク http://www.plosone.org/article/info:doi/10.1371/journal.pone.0054312
関連ニュース記事 保存用 http://www.twitlonger.com/show/kq4frr

福島原発事故後、2011年4月22日付けで20キロ圏内には3400頭の牛、31,500匹の豚と63万羽の鶏が残された。5月12日には政府から福島県に避難区域の家畜の安楽死の指示が出た。福島原発事故を受けての放射性セシウムによる慢性被ばくのリスク評価の重要さが研究者によって指摘されていたが、動物モデルの慢性的バイオアッセイが存在しない事も強調されていた。避難区域に残された家畜のほとんどは個別の識別番号によって見分ける事ができるため、放射性核種への慢性被ばくの評価のための動物モデルとして理想的だろうと考えた。放射性核種の生物動力学と内部被ばくの線量評価の基本的な情報を得るために、牛の複数の臓器におけるガンマ線放出体の人工放射性核種を測定し、臓器特異性と代謝を調べた。
2011年8月29日から11月15日の間に、合計79頭の牛を捕獲した。そのうち27頭は南相馬市で、52頭は川内村で捕獲した。63頭はメスの牛(3頭は妊娠中)、10頭はオスの子牛で3頭はメスの子牛だった。
ガンマ線スペクトル分析では、セシウム134と137、銀110m、テルル129mの光電ピークが見られた。(図S1)コントロールとして使われた北海道の牛からは、どのピークも見られなかった。
図S1 牛の臓器内で検出された体内放射性核種のγ線スペクトル分析 pic.twitter.com/cOLIXGPg



表1は各臓器のカウント数から計算された、この4つの放射性核種の濃度である。測定値は全て、大放出が起こった2011年3月15日に減衰補正された。ここではセシウム134とセシウム137を合わせてセシウム137と言及する。セシウム137は筋肉組…