スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2014の投稿を表示しています

「スリーマイル島物語:住民の証言」by アイリーン・美緒子・スミス

アイリーン・美緒子・スミスさんによる、スリーマイル島事故後の周辺住民のインタビュー。1979年3月28日に起こった、米国ペンシルバニア州スリーマイル島原子力発電所事故後、1988年までの間に250人の周辺住民に行われたインタビューを元にし、隔月雑誌「80年代」に1987−1989年に掲載された記事集PDF。(アイリーンさんを通して、出版社からネット掲載許可を得ている)英語原文は、スリーマイル島事故の10周年の1989年にアイリーン・美緒子・スミスさんにより執筆された記事で、日本語記事には、フォーマットは異なるものの、英語記事に出て来るインタビューがすべて収録されている。原文:”Three Mile Island: The People’s Testament ”Aileen M. Smith  March 27, 1989 
「スリーマイル島物語:住民の証言」by アイリーン・美緒子・スミス

2014年8月6日 朝日新聞 福島版記事の書き出し:環境省会議への申し入れ、座長解任要請

2014年8月6日 朝日新聞 福島版記事(書き出し)


被災者の意見聴取 超党派議連求める 原発事故専門家会議に
超党派の国会議員でつくる「子ども・被災者支援議員連盟」(会長・荒井聰元国家戦略相)は、政府の「福島原発事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する専門家会議」の運営に対し、「被災者当事者からの事情聴取(ヒアリング)」など6項目を申し入れた。
会議は「被曝を避ける権利」を求めて超党派で成立した子ども・被災者支援法により設置。安倍晋三首相と石原伸晃環境相への申し入れは、同法に規定されている「被災者の意見の反映が実現していない、と批判。外部専門家が会議で表明した①被曝の健康影響には安全値はない、との国際的合意を基礎とする②住民の健康管理は国の直轄事業にする③健康調査は福島県外の汚染度の強い地域でも継続的に行い、甲状腺がん以外の幅広い疾病に対応する④甲状腺がんの多発に備えて対策を検討するーーことを求めている。
一方、会議の傍聴を続けてきた被災者らの市民団体も5日、長瀧重信座長(長崎大学名誉教授)の解任を求める要請書を提出した。「被曝量が小さいから健康調査の拡大は必要ないなどと法の趣旨に反する会議運営をしている」と批判している。
***

「子ども・被災者支援議員連盟」の申し入れの内容(転載元はこちら
2014年8月4日
内閣総理大臣 安倍 晋三 殿環境大臣 石原 伸晃 殿子ども・被災者支援議員連盟 会長 荒井聰「東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する専門家会議」に関する申し入れかねてより当議連および多くの市民、自治体が、原発事故子ども・被災者支援法13条2項・3項に定める健診や医療費の減免措置について、その幅広い実施を求め、意見書や要望の形で政府に提出してきました。しかし、同法に基づき基本方針においては、「新たに有識者会議を開催し、今後の支援の在り方を検討」することとされました。この結果設置された環境省が主催する「東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する専門家会議」(以下専門家会議)においては、 これまで被ばく線量の評価に関する限定的な議論がなされてきたにとどまり、当議連が要望してきた被災当事者からのヒアリングは実現していません。一方、当 議連の推薦を受けてヒアリングに参加した外部有識者からは、これまでの専門家会議の議論に対…