スキップしてメイン コンテンツに移動

おしどりマコ氏のドイツ国際会議での記者会見書き起こし


日本が東日本大震災と津波、そしてその後の福島原発事故から3年目を迎える直前の2014年3月4−7日に、ドイツのフランクフルト市から車で25分の山の中で国際会議が開催された。この会議「原子力災害の自然環境と人体の健康への影響」は、国際核戦争防止会議(IPPNW)ドイツ支部と、ヘッセン=ナッサウ・プロテスタント教会の共催だった。(ドイツ語のプログラムPDFはこちら

コメディアンでフリーランスのジャーナリストであるおしどりマコ氏が、2014年3月6日に、その国際会議での記者会見に参加した。日本語音声の動画はこちら。おしどりマコ氏の記者会見は、5分20秒頃に始まる。記者会見には複数のドイツメディアが参加し、このドイツ語記事では、おしどりマコ氏の記者会見内容が主に取り上げられた。


おしどりマコ氏は、コメディアンになる前に、新たな時代の医学の発展に貢献すべく生命現象における基礎的な真理の探求を行うとともに最先端医療を支える技術創生を推進する教育・研究を行う”鳥取大学医学部生命科学科で3年間、医学研究について学んだ。(筆者注:研究で放射性物質が使用されることがあるので、医師よりも研究者の方が放射能に関しての知識があるかもしれない。)東電記者会見では、鋭く粘り強い質問で定評がある。東電側の「マコちゃんは適当にカットしてください」というメモの存在は、おしどりマコ氏本人により発覚した。


以下、書き起こし

*****
My name is Mako Oshidori.  I am sorry I speak in Japanese. (私の名前はおしどりマコです。すみませんが、日本語で話させていただきます。)

このような機会を与えていただいて、IPPNWとプロテスタント教会とドイツのみなさんにとても感謝しております。なぜなら、現在、日本国内では原発事故の現状を大きく報道する機会が与えられていないからです。ですので、今回ヨーロッパに来て大変驚いたことは、ヨーロッパのみなさんが日本を民主主義の自由な国だと思われていることです。

私は東京電力の記者会見に実は最も(多く)参加している記者です。まだ若いですがベテラン記者になっています。そうしますと、メディアで報道するときに色々な圧力がかかってくるんです。私が原発事故の記事を書くマガジンに私の記事を1回載せるなら、電力会社の団体から原発推進の記事を3回載せろという圧力がかかり、私の記事が載らなくなったこともありました。そして、テレビで私が東京電力の原発事故についてしゃべるときに、スポンサーから圧力がかかり、私にテレビで原発事故と東京電力という単語を一切使わせるなと、そういう圧力がかかり、出演できなくなったこともありました。

そして、まあ、日本の電力会社は原子力を使いたがるのですが、去年の秋から日本政府が原子力を使っていくと再稼動を決めたときから、政府の監視が私につきました。これは私の友人の研究者やそして政府の関係者から聞いたことです。どのような監視がついたかといいますと、ちょっと私が隠し撮りに成功しましたのでお見せします。




このような形で私が誰かと話していると、この後ろの方が政府の公安調査庁の監視者なのですが、誰とどんな会話をしているのか聞こうとしてぴったりとつきます。話している方は、彼らは私のマネージャーなんですかと聞くんですけど、全然知らない人なのでただの追っかけだと思います、と答えます。このように自由に報道する機会は与えられておらず、私のように原発事故についてシビアな報道をする記者も大手メディアの中にいるのですが、彼らにも圧力がかかっていて、日本国内ですら原発事故の現状は日本国民はきちんと知っていないと思います。

次に2012年に原発事故のあと福島第一原発で看護士をしている方に取材をしましたので、少しその話しをしたいと思います。



皆さんに原発作業員の現状を聞いていただきたいと思います。彼は2012年に福島第一原発で看護士をしていました。2013年に東京電力の社員をやめたのですが、その時にインタビューをしました。



現在、原発の作業員は何人も亡くなっているのですが、それは仕事中に作業中に亡くなった作業員だけ発表があります。仕事をしていないとき、たとえば週末や夜寝ているときに、急に亡くなったりする作業員もいるのですが、それは一切発表されません。そして、数えられてもいません。たとえば、たくさん被ばくをして、50ミリシーベルトや60ミリシーベルトや70ミリシーベルトや、それだけ被ばくをして作業員を辞め、一ヵ月後に亡くなる方もいますが、それも発表されませんし、数えられてもいません。これが原発作業員の現状です。彼らを調査をして私がこの記事を書こうとすると、やはり色々な圧力がかかりますので、この情報を知っている日本国民も少ないのではないかと思います。

次に簡単に、福島県の母親の方々を取材したときの話しをしたいと思います。



彼女たちの子どもたちが学校給食で福島県のものを食べさせないでほしいというアピールをして、署名活動をしています。現在、福島県の生産物は残念ながら、みなさん汚染をこわがって購入する人が少ないため、まず子どもたちに福島県のものを食べさせて安全性をアピールしていこうという政策がとられています。福島県はもともと7割の(学校で)福島県のものが学校給食に使われています。もともと事故前に福島県のものを食べていなかった地域でも、原発事故のあと安全性をアピールするために子どもたちに食べさせようという動きになっています。彼女たちはそれに反対して、なんとか汚染されていない地域のものを食べさせてほしいという主張をしています。それについてはいろんな議論があるのですが、きちんと検査をするとか。しかし、そうではなく子どもたちに安全性のアピールをさせるということ自体が間違っているのではないかと彼女たちは主張しています。

これは2012年にベラルーシの研究者、ベルラド研究所のアレクセイ・ネステレンコという所長がいるのですが、彼と一緒に福島県を取材したときのものです。



彼が一番おどろいていた場所がこの小学校なのですが、福島県の伊達市というところの小学校で、プールの横のフェンスのすぐわきの部分がみえますでしょうか、27.6μSv/hという地点です。



彼にこの小学校の子供達は避難しているのかと聞かれたのですが、私は今授業を受けているところと答えました。彼は非常に驚いて、ベラルーシではこれは子供たちがすぐに強制避難させられているレベルの数量だと。日本は豊かな国だと思っていたが、なぜ子供たちはここで普通に授業を受けているのだといわれました。これは本当に特別に線量が高い地域でもあるのですが、このようなポイントも福島にはあるということです。

続いて健康調査について、福島県ではどのようになっているのかの話しをしたいと思います。これは2012年の12月に福島県とIAEA、平和的ですが原子力の推進機関であるIAEAが原発事故の健康調査やさまざまな情報に関して協力していこうという覚書を交わしたときのものです。





この健康調査や汚染地域の除染に関することで協力していこうというものなのですが、このときの説明会で福島県の住民の方々は原子力の推進機関であるIAEAに自分達の健康調査はまかせたくないと強く反対しました。そして、私はこの会見が終わったあと、直接福島県の知事に質問したのですが、住民の方々は半数以上がIAEAと福島県が協力しあっていくことに反対しているが、県知事としてどう評価するのかと聞きました。そうすると、県知事は住民の方々には理解してもらうほかないというふうに答えました。



IAEAと福島県の調査も問題なのですが、もうひとつの問題のある文書があります。これは2011年の5月に、厚生労働省と文部科学省から全国の大学と学会と研究機関に出されている文書です。日本語のみで本当に失礼します。



これは東日本大震災のあと、被災地や汚染地域で実施されている健康調査について、いろいろな調査研究についての文書なのですが、住民の方々に負担にならないようにという理由があるのですが、許可なく詳しい調査をすることのないようにという意味あいの文書です。実際にこの文書が出る前、2011年の5月に出ているのですが、3月、4月は福島県の飯館村やその他汚染が強い地域にいろいろな大学の研究者や研究機関が入っていたのですが、この文書が出たことによって調査をやめ、福島県からでていったチームがいくつもありました。現在、健康調査は日本では福島県立医科大学という国が指定した機関のみ、おおがかりにおこなわれています。その他の調査はみなほとんどがおこなわれていないという現状です。

続いて最後ですが、特定秘密保護法ということについてお話したいと思います。昨年の12月に特定秘密保護法というものが国会で決まったのですが、これは非常に問題のある法律なのです。というのは、この法律は特定秘密というテロに関するものが多いというふうに政府は説明していますが、政府が指定した特定秘密を漏らした官僚や国立の研究者に罰則が与えられる。そしてそれを教えてほしいとそそのかした人間にも、罰則が与えられるというような内容の法律になっています。どこが問題かといいますと、何が特定秘密になるのか、それをもらすとどういう罰則になるのかというのが、一切決まっていないことです。それを一年ぐらいかけてこれから決めていくというのですが、中身が何もきまらないまま、秘密をもらした人間には罰則を与えるということだけが決まりました。このように、これは原発事故だけに関することではないんですが、これは特定秘密保護法のときに、日本国民が反対したときのデモです。



毎晩かなりの人間が、これ少しおもしろい写真だったので、ドイツの方々におみせするのはどうかと思ったのですが、今の政権はナチスに似ていると。実際去年の8月に、麻生という副総理がナチスのようにあまりみつからないように憲法をかえていこうと発言したのです。



それをもじって、今の政権は非常に問題があるのではないかというふうなデモがたくさんおこりました。



このように現在の日本では、民主主義が守られて、そして人権が尊重されているとはとても言えません。そして、それを報道すると圧力がかかってきてしまうというのが現状です。でも、今回このような機会をIPPNWに与えていただいて、そしてドイツのみなさんにお話しすることが出来て本当にありがたく思っております。
*****

書き起こし:Takashi Mizuno

コメント

このブログの人気の投稿

ランセット・ヘマトロジー誌に掲載された論文「放射線モニタリングを受けた作業者(INWORKS)における電離放射線と白血病およびリンパ腫の死亡リスク:国際コホート研究」の部分和訳とフェアリー氏解説

低線量の放射線でも白血病リスクが上昇する、と最近話題になっている新研究がある。英医学誌「ランセット・ヘマトロジー」に掲載された、"Ionising radiation and risk of death from leukaemia and lymphoma in radiation-monitored workers (INWORKS): an international cohort study"(邦題仮訳「放射線モニタリングを受けた作業者(INWORKS)における電離放射線と白血病およびリンパ腫の死亡リスク:国際コホート研究」)である。

この論文についてのツイートまとめはこちら 関連新聞記事のツイートまとめはこちら
2015年7月2日掲載の共同通信の記事「放射線低線量でも白血病リスク 欧米作業員30万人を疫学調査」
ここでは、この論文の一部(「要旨」と「研究のコンテクスト」)および、英国のイアン・フェアリー氏による解説の和訳を記す。
「放射線モニタリングを受けた作業者(INWORKS)における電離放射線と白血病およびリンパ腫の死亡リスク:国際コホート研究」

要旨
背景:職業的、環境的、および診断医療の状況下で典型的に見られるような、間欠的あるいは長期におよぶ低線量放射線被ばくにおける白血病とリンパ腫のリスクには、大きな不確実性がある。われわれは、長期にわたる低線量放射線被ばくと、フランス、英国と米国で雇用されている放射線モニタリングを受けた成人における、白血病、リンパ腫と多発性骨髄腫の死亡率との間の関連性を定量化した。
方法:フランスの原子力・新エネルギー庁、 アレヴァ原子燃料部門、またはフランス電力会社、米国のエネルギー省と防衛省、そして英国の放射線業務従事者登録に含まれている原子力産業作業者で、最低1年間雇用され、被ばく線量の個人モニタリングをされた308,297人の作業者のコホートを構築した。コホートは、計8,220,000人・年に達するまで追跡された。白血病、リンパ腫と多発性骨髄腫による死亡者を確認した。ポアソン回帰を用いて、骨髄吸収線量推計値と白血病とリンパ腫の死亡率との間の関連性を定量化した。
結果:線量は非常に低い率で累積した(平均 年間 1.1 mGy, SD 2〜6)。白血病(慢性リンパ性白血病を除く)による死亡率の過剰相対リスクは1 G…

岡山大学・津田敏秀教授 日本外国特派員協会での記者会見の動画と読み上げ原稿

2015年10月8日に、岡山大学の津田敏秀教授が、日本外国特派員協会(FCCJ)で記者会見を行った。米国時間の2015年10月6日午後に、国際環境疫学会(International Society for Environmental Epidemiology)が発行する医学雑誌「Epidemiology(エピデミオロジー)」に福島県民健康調査・甲状腺検査1巡目の結果を疫学的に分析した論文がオンラインで先行発表されたので、その論文の内容を説明し、質疑応答を行った。下記に、記者会見告知の和訳、記者会見動画(日本語、英語通訳)、そして会場で英語版が配布された、記者会見の読み上げ原稿の日本語原文(津田氏の許可あり)を掲載する。会見では、実際の読み上げ原稿よりも詳細な説明がされており、スライドを見せながらのミニ・レクチャーも展開されたので、ぜひ、動画の視聴をお勧めする。なお、同内容の英文記事はこちらである。

FCCJウェブサイトの会見告知の和訳

福島第一原子力発電所のトリプル・メルトダウンから約5年が過ぎようとしている今、注目されているのは、放射線被ばくが周辺住民、特に子どもに及ぼし得る長期的な健康影響である。

福島県では、事故当時18 歳以下だったおよそ370,000 人の子どもたちを対象に、大規模の甲状腺超音波スクリーニング検査が行われている。

福島県での小児甲状腺がんの発見率が事故前の発症率よりはるかに高いにも関わらず、福島県の医療当局と日本政府は、その原因は福島事故ではないと主張している。

事故直後に何万人もの住民が避難したこと、そして、福島県で生産された牛乳や他の農産物の販売が禁止されたことがその理由として挙げられている。当局は、国際的に著名な専門家らの支持のもと、甲状腺がんの発症率の増加は、福島県の子どもたちの検査に用いられている超音波機器の精度が高いためであると主張している。

しかしこの主張への大きな反論として、岡山大学・環境疫学教授の津田敏秀氏は、福島で起きている小児甲状腺がんの過剰発生が単なるスクリーニング効果ではなく、放射線被ばくの結果であると述べている。

津田氏の論文は、国際環境疫学会が発行する医学雑誌「Epidemiology(エピデミオロジー)」に今月掲載される予定で、津田氏は10 月8 日に FCCJ で記者会見を行い、研究結果について説明し、質問に答えること…

岡山大学チーム原著論文に対する医師らの指摘・批判への、津田敏秀氏による回答集

以下は、ある日本人医師たちから、岡山大学チームによる『Epidemiology』誌掲載の原著論文「Thyroid Cancer Detection by Ultrasound Among Residents Ages 18 Years and Younger in Fukushima, Japan: 2011 to 2014 」(日本語タイトル:2011年から2014年の間に福島県の18歳以下の県民から超音波エコーにより検出された甲状腺がん)に関して、津田氏に寄せられた批判や意見と、それに対する津田氏の回答集である。掲載は、津田氏の許可を得ている。

論文へのリンクはこちら
この回答集のPDFは、以下に埋め込んであるが、こちらからダウンロード可能。
論文発表時の記者会見関連記事はこちら




2015年10月19日                            

 日本人医師の方々から、論文に関して貴重なご指摘・ご批判を受け取りましたので、お答えさせていただきます。

 この回答集でお答えしたご指摘・ご批判は、太字で表示し、通し番号をつけさせていただきました。なお、回答中で使われている「EBM」とは、Evidence Based Medicine の略で、日本語では「科学的根拠に基づいた医学」とされます。EBMは、もともと Science Based Medicine というネーミングだったようです。この場合、科学的根拠とは、人を観察し人単位で分析された結果もしくはそれを記載した論文ということになります。つまり疫学方法論で分析された結果もしくはそれを記載した論文です。

 まず最初に、医師によるブログ記事2つを取り上げさせていただきます。


ブログ記事1(リンク:http://drmagician.exblog.jp/23772300/) 
1. この論文を見ると,まずethicsに関する記載がありませんのでこの時点で論外で,「はたして倫理委員会をちゃんと通して論文を書いたのだろうか?」という疑問があります(Epidemiology誌では記載が求められるはずですが査読でなぜひっかからなかったんでしょうね?).
回答:論文中に書いてありますので、ご確認ください。今日、医学論文は研究倫理に関する記述がなければなかなか掲載してもらえません。論文中に書いてある論文も結構あります。
2. そ…