スキップしてメイン コンテンツに移動

キース・ベイヴァーストック氏のインタビューの書き起こし和訳


2014年3月4日−7日に開催された、ドイツのフランクフルト郊外での国際会議で、IWJヨーロッパ支部が、キース・ベイヴァーストック氏インタビューしました。

通訳がちゃんとできなかったので、書き起こし和訳をしました。

***

質問:昨日はIAEAとWHOについてご説明されましたが、IAEAとWHOは、フクシマの事故のことをこれからどのようにして行きたいと考えていると思われますか?

”Well, actually, my opinion about what is happening in Fukushima is that neither of those organizations is doing their job. Not so much the relationship between them as the fact both of them failed to do the job we expected them to do. And the first part of that job was really to activate emergency response system to deal with public health issues. Well, that’s more or less the point I want to make. They failed to perform duties which, in my view, the national governments assigned them in the event such as the Fukushima accident.”

「そうですね、実は、フクシマで何が起こっているかについての私の意見は、IAEAもWHOも自分達の仕事をちゃんとしていないということです。IAEAとWHOの関係というよりも、どちらもやるべき仕事をやるのを怠りました。そして、その仕事の初めの部分は、公衆衛生の問題と対応するための緊急対策システムを起動することでした。まあ、それが私が言いたいことです。どちらの機関も、私からすると、フクシマ事故のような事が起きた時のために諸国の政府から命じられていた義務を果たさなかったのです。」

質問:IAEAとWHOは、日本に原発を続けてほしいと思っていると思いますか?

”I don’t think WHO particularly has an opinion on that, but IAEA certainly does because it promotes and it is the voice of the international industry. And of course they would not like to think Japan left the nuclear club.”

「WHOが特にそれについて意見を持っているとは思いませんが、IAEAは、原子力を推進し、国際的原子力産業の声であるから、確かにそうです。そしてもちろん、IAEAは、日本が原子力クラブを辞めたとは思いたくないでしょう。」

質問:日本政府の現在までの対応について何かコメントはありますか?

”I think that the Japanese government had clear responsibility to provide the information on exactly what was happening and on the levels of releases and consequences we have for public. I understand that the IAEA have said the government of Japan failed its duties to provide information. But I still don’t think that provides an reason or an excuse for IAEA not having acted, as it should have done, to implement the emergency response scheme.”

「日本政府は、正確に何が起こっていたかということや、放出のレベルと公衆への影響についての情報を提供するという明確な責任があったと思います。IAEAが、日本政府が情報を提供する義務を果たさなかったと言っていると理解しています。しかし、それでもIAEAがしかるべく緊急対応計画を実施しなかった理由や言い訳にはならないと思います。」

質問:甲状腺のスクリーニング効果についてご意見をお聞かせください。

”It’s much too early to know. The screening that’s being done is done primarily to reassure the public, I think. In that sense, before the screening can be effective, it needs to have screened the same population twice with an interval of, say, two years between screenings. ”

「まだ何か分かるには早過ぎます。今実施されているスクリーニングは、主に、一般市民を安心させるためのものだと思います。そういう意味では、スクリーニングが効果的になるためには、同じ集団を、スクリーニングとスクリーニングの間を2年ほどあけて、2回スクリーニングする必要があります。」

(ここで通訳者が混乱したので、もう一度言い直してくれました。)
”Screening I am sure has been implemented not as a research measure but as a means to reassure the public that there are no harmful effects. The technique being used is extremely sensitive and may be picking up disease which would not normally be picked up at such screening exercise. Therefore it is necessary to do two rounds of screening with each person, with an interval of around two years between them. When the second round is complete, we will be able to interpret those results. This particular screening was not, I assume, designed to be research, and it is not effective as research. So it is purely a humanitarian measure. So, at the moment, we can learn nothing from it. We need to wait for the results of the second round. In any case, from what we understand from the Chernobyl accident, we don’t expect first cancers to appear until after next year, on the fourth year after the accident.”

「スクリーニングは、研究手段というよりは、一般市民に、有害な影響がないと安心させるために実施されていると思います。使用されている技術は非常に感度が高く、そのようなスクリーニングで従来検出されないような疾患を検出しているかもしれません。なので、1人1人を、2年間あけて、2度スクリーニングすることが必要です。2巡目のスクリーニングが完了したら、その結果を解釈することが可能になるでしょう。このスクリーニングは、研究としてデザインされていないと推測していますが、実際、研究としての効果はありません。なので、純粋に、人道的対策です。今の所は、それから何も学ぶことができません。2巡目の結果が出るのを待たなければいけません。どちらにしろ、チェルノブイリ事故から分かっていることに基づくと、来年以降、すなわち、事故から4年経った後までは、最初の癌が出て来るとは思えません。」

質問:もしも既に結節があったら、放射線被ばくによって癌化しますか?

”We don’t really know the answers to that question. Most nodules are benign. And we think that thyroid cancer is initiated at the time of the exposure and not dependent upon the existing nodules.”

「それは分かりません。ほとんどの結節は良性です。そして、甲状腺癌は、被ばくによってイニシエートされ、既存の結節に依存しないと考えられています。」

質問:腫瘍の成長スピードによって、放射線誘発性だったかどうか分かりますか?

”Yes, radiation-induced tumors develop quite fast in some people and possibly the fastest in the young people. But it’s very much dependent upon the individual. So we can’t make statement. I mean, thyroid cancer will go on appearing, as a result of radiation, for 60 years after initiation.”

「はい、放射線誘発性の腫瘍は,人によってはかなり早く発達し、若い人たちで一番早く発達するかもしれません。しかし、非常に個人差があります。なので、どちらとも言えません。放射線被ばくの結果として、甲状腺癌は、イニシエーション後の60年の間、出現し続けるでしょう。」

コメント

このブログの人気の投稿

ランセット・ヘマトロジー誌に掲載された論文「放射線モニタリングを受けた作業者(INWORKS)における電離放射線と白血病およびリンパ腫の死亡リスク:国際コホート研究」の部分和訳とフェアリー氏解説

低線量の放射線でも白血病リスクが上昇する、と最近話題になっている新研究がある。英医学誌「ランセット・ヘマトロジー」に掲載された、"Ionising radiation and risk of death from leukaemia and lymphoma in radiation-monitored workers (INWORKS): an international cohort study"(邦題仮訳「放射線モニタリングを受けた作業者(INWORKS)における電離放射線と白血病およびリンパ腫の死亡リスク:国際コホート研究」)である。

この論文についてのツイートまとめはこちら 関連新聞記事のツイートまとめはこちら
2015年7月2日掲載の共同通信の記事「放射線低線量でも白血病リスク 欧米作業員30万人を疫学調査」
ここでは、この論文の一部(「要旨」と「研究のコンテクスト」)および、英国のイアン・フェアリー氏による解説の和訳を記す。
「放射線モニタリングを受けた作業者(INWORKS)における電離放射線と白血病およびリンパ腫の死亡リスク:国際コホート研究」

要旨
背景:職業的、環境的、および診断医療の状況下で典型的に見られるような、間欠的あるいは長期におよぶ低線量放射線被ばくにおける白血病とリンパ腫のリスクには、大きな不確実性がある。われわれは、長期にわたる低線量放射線被ばくと、フランス、英国と米国で雇用されている放射線モニタリングを受けた成人における、白血病、リンパ腫と多発性骨髄腫の死亡率との間の関連性を定量化した。
方法:フランスの原子力・新エネルギー庁、 アレヴァ原子燃料部門、またはフランス電力会社、米国のエネルギー省と防衛省、そして英国の放射線業務従事者登録に含まれている原子力産業作業者で、最低1年間雇用され、被ばく線量の個人モニタリングをされた308,297人の作業者のコホートを構築した。コホートは、計8,220,000人・年に達するまで追跡された。白血病、リンパ腫と多発性骨髄腫による死亡者を確認した。ポアソン回帰を用いて、骨髄吸収線量推計値と白血病とリンパ腫の死亡率との間の関連性を定量化した。
結果:線量は非常に低い率で累積した(平均 年間 1.1 mGy, SD 2〜6)。白血病(慢性リンパ性白血病を除く)による死亡率の過剰相対リスクは1 G…

岡山大学チーム原著論文に対する医師らの指摘・批判への、津田敏秀氏による回答集

以下は、ある日本人医師たちから、岡山大学チームによる『Epidemiology』誌掲載の原著論文「Thyroid Cancer Detection by Ultrasound Among Residents Ages 18 Years and Younger in Fukushima, Japan: 2011 to 2014 」(日本語タイトル:2011年から2014年の間に福島県の18歳以下の県民から超音波エコーにより検出された甲状腺がん)に関して、津田氏に寄せられた批判や意見と、それに対する津田氏の回答集である。掲載は、津田氏の許可を得ている。

論文へのリンクはこちら
この回答集のPDFは、以下に埋め込んであるが、こちらからダウンロード可能。
論文発表時の記者会見関連記事はこちら




2015年10月19日                            

 日本人医師の方々から、論文に関して貴重なご指摘・ご批判を受け取りましたので、お答えさせていただきます。

 この回答集でお答えしたご指摘・ご批判は、太字で表示し、通し番号をつけさせていただきました。なお、回答中で使われている「EBM」とは、Evidence Based Medicine の略で、日本語では「科学的根拠に基づいた医学」とされます。EBMは、もともと Science Based Medicine というネーミングだったようです。この場合、科学的根拠とは、人を観察し人単位で分析された結果もしくはそれを記載した論文ということになります。つまり疫学方法論で分析された結果もしくはそれを記載した論文です。

 まず最初に、医師によるブログ記事2つを取り上げさせていただきます。


ブログ記事1(リンク:http://drmagician.exblog.jp/23772300/) 
1. この論文を見ると,まずethicsに関する記載がありませんのでこの時点で論外で,「はたして倫理委員会をちゃんと通して論文を書いたのだろうか?」という疑問があります(Epidemiology誌では記載が求められるはずですが査読でなぜひっかからなかったんでしょうね?).
回答:論文中に書いてありますので、ご確認ください。今日、医学論文は研究倫理に関する記述がなければなかなか掲載してもらえません。論文中に書いてある論文も結構あります。
2. そ…

和訳と考察 長崎大学&ベラルーシ研究発表「放射線と甲状腺がんリスク:福島とチェルノブイリ」

The Lancet: Diabetes and Endocrinology (「ランセット:糖尿病と内分泌学」)2016年8月号に、長崎大学(高村昇、折田真紀子、ウラジミール・サエンコ、山下俊一、長瀧重信)とベラルーシ(ユーリ・デミチク)の共同研究が、コレスポンデンスとして掲載された。これは、2016年8月4日に福島民報に掲載された記事で言及されている論文だと思われる。以下は非公式和訳である。



放射線と甲状腺がんリスク:福島とチェルノブイリ
ウクライナのチェルノブイリ原子力発電所事故から30年、そして福島第一原子力発電所での危機から5年が過ぎた。チェルノブイリ災害後、ベラルーシ、ロシアとウクライナにおいて、事故時に放出された放射性ヨウ素に被ばくした小児と思春期の青年らの間で甲状腺がんのかなりの増加が報告された。このチェルノブイリでの経験に基づいて、福島県民健康調査の枠組み内で甲状腺超音波検査が行われている。この検査は福島事故当時18歳未満(原文ママ:実際には事故当時18歳「以下」)だった住民すべて(およそ36万人)が対象である。2011年10月から2014年3月に実施されたスクリーニングの1巡目では、受診者 300,476人中113人が、甲状腺悪性腫瘍確定または疑いとされた。
福島事故後の甲状腺がんの発見は、現代的で精度の高い超音波技術によるスクリーニングの影響かもしれない。この問題を調査するために、福島での放射線被ばくと甲状腺がんの間の因果関係は、特にチェルノブイリからの既存の証拠に対して注意深く評価されるべきである。
チェルノブイリでは、被ばくした小児の甲状腺被ばく線量平均値は、ベラルーシで 560 mSv[SD 1180]、ウクライナで 770 mSv[260]と推計された。一方、事故後に福島の1000人以上の 0〜14歳の小児の 99%で報告された甲状腺被ばく線量は、15 mSv未満だった。これらの低いレベルでは、福島での被ばく線量が、被ばくの可能性から 4年以内に検出可能な甲状腺がんの過剰例を起こした可能性は低い。
もうひとつの考慮すべき重要点は、2つの事故後の患者の年齢である。ベラルーシでは、事故前に設置されたがん登録によると、事故後最初の4年間(1986〜1989年)に被ばく時に0〜15歳だった患者で25例の甲状腺がんの手術例が報告された。この数字は、199…