スキップしてメイン コンテンツに移動

国連特別報告者アナンド・グローバー氏・日本調査報告書(2013年5月23日暫定版)内の「勧告」の和訳

国連特別報告者アナンド・グローバー氏・日本調査報告書2013年5月23日暫定版

22〜24ページ目の勧告の、下記のサイトのヒューマン・ライツ・ナウによる仮訳に同意できない部分があったので、和訳させて頂きました。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-05d7.html


Recommendations

勧告

76. The Special Rapporteur urges the Government to implement the following recommendations in the formulation and implementation of its nuclear emergency response system:

 特別報告者は、原子力緊急対応システムの策定と実施について、日本政府が以下の勧告を履行することを求める。

 (a) Establish regularly updated emergency response plans that clearly demarcate the command structures and specify evacuation zones, evacuation centres, and provide guidelines for assisting vulnerable groups;

 指揮命令系統を明確に画定し、避難区域と避難場所を特定し、被害を受けやすいグループを援助するためのガイドラインを提供する、定期的に更新された緊急対応計画を確立すること

 (b) Communicate disaster management plans, including response and evacuation measures, to residents of areas likely to be affected by a nuclear accident;

 原子力事故の影響を受けると思われる地域の住民に、事故対応や避難措置を含む災害対応について知らせること

 (c) Release disaster-related information to the public as soon as a nuclear accident occurs;

 原子力事故後、可及的速やかに、災害関連情報を公開すること

 (d)    Distribute promptly iodine prophylaxis before or as soon as the accident occurs;

 原子力事故の前か直後に、可及的速やかにヨウ素剤を配布すること

 (e) Provide for prompt and effective usage of such technology as SPEEDI in gathering and disseminating information on affected areas;

 被災した地域に関する情報の収集拡散のために、SPEEDIのような技術の使用を迅速かつ効果的に提供すること


77. With respect to health monitoring of the affected population, the Special Rapporteur urges the Government to implement the following recommendations:

 原発事故の影響を受けた人々に対する健康調査について、特別報告者は日本政府に対し以下の勧告を実施するよう求める。

 (a) Continue monitoring the impact of radiation on the health of affected persons through holistic and comprehensive screening for a considerable length of time and make appropriate treatment available to those in need;

 長期間に渡る全身包括的な検診により、被災した人々においての放射線による健康影響のモニタリングを継続的に行い、必要な場合は適切な治療を行なうこと

 (b) The health management survey should be provided to persons residing in all affected areas with radiation exposure higher than 1 mSv/year;

 健康管理調査は、年間被ばく量が1mSv以上のすべての被災地域の住民に提供されるべきである

 (c) Ensure greater participation and higher response rates in all health surveys;

 すべての健康調査をもっと多くの人が受けれるようにし、調査の回答率が高くなるようにすること

 (d) Ensure that the basic health management survey includes information on the specific health condition of individuals and other factors that may exacerbate the effect of radiation exposure on their health;

 基本健康管理調査(県民健康管理調査における「基本調査」)が、個人特有の健康状態および、被ばくによる健康影響を悪化させる他の要因についての情報を含むようにすること

 (e) Avoid limiting the health check-up for children to thyroid checks and extend check-ups for all possible health effects, including urine and blood tests;
 
 子どもの健康調査は甲状腺検査に限定せず、尿検査や血液検査を含む、起こり得るすべての健康影響の調査に拡大すること

 (f) Make follow-up and secondary examination for children’s thyroid check-up available to all requesting children and parents;

 子どもの甲状腺検査の追加検査と二次検査を、検査を希望するすべての子どもや親に提供すること

 (g) Simplify children’s and their parents’ access to information regarding their test results, while ensuring the protection of private information;

 個人情報を保護しつつも、検査結果に関する情報への子どもと親のアクセスを容易なものにすること

 (h) Refrain from restricting examination for internal exposure to whole-body counters and provide it to all affected population including residents, evacuees, and to persons outside Fukushima prefecture;

 内部被ばく検査は、ホールボディーカウンターに限定せず、さらに、住民、避難者、福島県外の住民など、被ばくしたすべての集団に提供すること

 (i) Ensure mental health facilities, goods and services are available to all evacuees and residents, especially vulnerable groups such as older persons, children and pregnant women;

 避難者と住民すべて、その中でも特に高齢者、子どもや妊婦などの被害を受けやすいグループに対して、精神衛生ケアに関する施設、必要品やサービスの提供を確保すること

 (j) Monitor the health effects of radiation on nuclear plant workers and provide necessary treatment.
 
 原発労働者における放射線被ばくによる健康影響をモニターし、必要な治療を提供すること



78. The Special Rapporteur urges the Government to implement the following recommendations regarding policies and information on radiation dose



 特別報告者は、放射線被ばく量に関する政策と情報に関して、日本政府が以下の勧告を実施するように求める



 (a) Formulate a national plan on evacuation zones and dose limits of radiation by using current scientific evidence, based on human rights rather than on a risk-benefit analysis, and reduce the radiation dose to less than 1mSv/year;

 避難区域と被ばく量に関する国としての計画は、リスク・ベネフィット分析よりも人権に基づいた上で、最新の科学的証拠を用いて策定し、被ばく量を年間1mSv以下に低減すること

(b) Provide, in schoolbooks and materials, accurate information about the risk of radiation exposure and the increased vulnerability of children to radiation exposure;

 学校の教科書と教材において、放射線被ばくの危険性と、子どもが放射線被ばくからの被害を受けやすいことについての正確な情報を提供すること

(c)    Incorporate validated independent data, including that from the communities, to monitor radiation levels.

 放射線量のモニタリングのために、地域の住民による測定結果を含む、検証されて独立したデータを取り入れること


79. Regarding decontamination, the Special Rapporteur urges the Government to adopt the following recommendations:

 除染について、特別報告者は日本政府に対し、以下の勧告を採用するよう求める

 (a) Formulate urgently a clear, time-bound plan to reduce radiation levels to less than 1mSv/year;

 放射線レベルを年間1mSv以下に低減するための、明確かつ期限を定めた計画を策定すること

 (b)   Clearly mark sites where radioactive debris is stored;

 放射性廃棄物の貯蔵場所の位置を明示すること

 (c) Provide, with the participation of the community, safe and appropriate temporary and final storage facilities for radioactive debris;

 地域社会の参加のもと、放射性廃棄物の安全で適切な中間および最終貯蔵施設を提供すること


80. The Special Rapporteur urges the Government to implement the following recommendations regarding transparency and accountability within the regulatory framework:

 特別報告者は、規制の枠組みのなかでの透明性と説明責任の確保について、日本政府に対し、以下の勧告を実施するよう求める。

 (a) Require compliance of the regulatory authority and the nuclear power plant operators with internationally agreed safety standards and guidelines;

 規制当局と原子力発電事業者に対して、国際的に合意された安全基準やガイドラインに従うように求めること

 (b)    Ensure disclosure by members of the Nuclear Regulation Authority of their association with the nuclear power industry;

 原子力規制委員会の規制委員と原子力産業との関連について、規制委員自身による情報開示を保証すること

 (c) Make information collected by the Nuclear Regulation Authority, including regulations and compliance of nuclear power plant operators with domestic and international safety standards and guidelines, publicly available for independent monitoring;

 国内および国際的な安全基準・ガイドラインに基づく原子力発電事業者の規制とその順守に関する情報を含む、原子力規制委員会が集めた情報を、独立したモニタリングのために公開すること

 (d) Ensure that TEPCO and other third parties are held accountable for the nuclear accident and that their liability to pay compensation or reconstruction efforts is not shifted to taxpayers.

 原発事故についての東電と他の第三者の説明責任を確保し、賠償と復興の法的責任が納税者に転嫁されないようにすること


81. In relation to compensation and relief, the Special Rapporteur urges the Government to implement the following recommendations:

  補償や救済措置について、特別報告者は政府に対し以下の勧告を実施するよう求める

 (a) Formulate, with the participation of the affected communities, the implementing framework under the Victims Protection Law;

 「子ども・被災者支援法」の実施の枠組みを、被災した地域社会の参加を確保して策定すること

 (b) Include cost of reconstruction and restoration of lives within the relief package;

 復興と人々の生活再建のためのコストを支援のパッケージに含めること

 (c) Provide free health check-ups and treatment that may be required for health effects from the nuclear accident and radiation exposure;

 原発事故と被ばくによる健康影響について、無料の健康診断および必要な治療を提供すること

 (d) Ensure that compensation claims by affected persons against TEPCO are settled without further delay;

 被災者による東京電力に対する損害賠償請求が、さらなる遅延なく解決されるようにすること


82. The Special Rapporteur urges the Government to ensure effective community participation, especially participation of vulnerable groups, in all aspects of the decision-making processes related to nuclear energy policy and the nuclear regulatory framework, including decisions regarding nuclear power plant operations, evacuation zones, radiation limits, health monitoring and compensation amounts.

 特別報告者は、原子力発電所の稼働、避難区域、被ばく限度、健康管理と補償額などに関する決断を含む、原子力エネルギー政策と原子力規制の枠組みの意思決定プロセスのすべての側面において、地域社会、特に被害を受けやすいグループの効果的な参加を保証することを日本政府に求める
                                                                                 



コメント

このブログの人気の投稿

ランセット・ヘマトロジー誌に掲載された論文「放射線モニタリングを受けた作業者(INWORKS)における電離放射線と白血病およびリンパ腫の死亡リスク:国際コホート研究」の部分和訳とフェアリー氏解説

低線量の放射線でも白血病リスクが上昇する、と最近話題になっている新研究がある。英医学誌「ランセット・ヘマトロジー」に掲載された、"Ionising radiation and risk of death from leukaemia and lymphoma in radiation-monitored workers (INWORKS): an international cohort study"(邦題仮訳「放射線モニタリングを受けた作業者(INWORKS)における電離放射線と白血病およびリンパ腫の死亡リスク:国際コホート研究」)である。

この論文についてのツイートまとめはこちら関連新聞記事のツイートまとめはこちら
2015年7月2日掲載の共同通信の記事「放射線低線量でも白血病リスク 欧米作業員30万人を疫学調査」
ここでは、この論文の一部(「要旨」と「研究のコンテクスト」)および、英国のイアン・フェアリー氏による解説の和訳を記す。
「放射線モニタリングを受けた作業者(INWORKS)における電離放射線と白血病およびリンパ腫の死亡リスク:国際コホート研究」

要旨
背景:職業的、環境的、および診断医療の状況下で典型的に見られるような、間欠的あるいは長期におよぶ低線量放射線被ばくにおける白血病とリンパ腫のリスクには、大きな不確実性がある。われわれは、長期にわたる低線量放射線被ばくと、フランス、英国と米国で雇用されている放射線モニタリングを受けた成人における、白血病、リンパ腫と多発性骨髄腫の死亡率との間の関連性を定量化した。
方法:フランスの原子力・新エネルギー庁、 アレヴァ原子燃料部門、またはフランス電力会社、米国のエネルギー省と防衛省、そして英国の放射線業務従事者登録に含まれている原子力産業作業者で、最低1年間雇用され、被ばく線量の個人モニタリングをされた308,297人の作業者のコホートを構築した。コホートは、計8,220,000人・年に達するまで追跡された。白血病、リンパ腫と多発性骨髄腫による死亡者を確認した。ポアソン回帰を用いて、骨髄吸収線量推計値と白血病とリンパ腫の死亡率との間の関連性を定量化した。
結果:線量は非常に低い率で累積した(平均 年間 1.1 mGy, SD 2〜6)。白血病(慢性リンパ性白血病を除く)による死亡率の過剰相対リスクは1 G…

岡山大学チーム原著論文に対する医師らの指摘・批判への、津田敏秀氏による回答集

以下は、ある日本人医師たちから、岡山大学チームによる『Epidemiology』誌掲載の原著論文「Thyroid Cancer Detection by Ultrasound Among Residents Ages 18 Years and Younger in Fukushima, Japan: 2011 to 2014 」(日本語タイトル:2011年から2014年の間に福島県の18歳以下の県民から超音波エコーにより検出された甲状腺がん)に関して、津田氏に寄せられた批判や意見と、それに対する津田氏の回答集である。掲載は、津田氏の許可を得ている。

論文へのリンクはこちら
この回答集のPDFは、以下に埋め込んであるが、こちらからダウンロード可能。
論文発表時の記者会見関連記事はこちら




2015年10月19日                            

 日本人医師の方々から、論文に関して貴重なご指摘・ご批判を受け取りましたので、お答えさせていただきます。

 この回答集でお答えしたご指摘・ご批判は、太字で表示し、通し番号をつけさせていただきました。なお、回答中で使われている「EBM」とは、Evidence Based Medicine の略で、日本語では「科学的根拠に基づいた医学」とされます。EBMは、もともと Science Based Medicine というネーミングだったようです。この場合、科学的根拠とは、人を観察し人単位で分析された結果もしくはそれを記載した論文ということになります。つまり疫学方法論で分析された結果もしくはそれを記載した論文です。

 まず最初に、医師によるブログ記事2つを取り上げさせていただきます。


ブログ記事1(リンク:http://drmagician.exblog.jp/23772300/) 
1. この論文を見ると,まずethicsに関する記載がありませんのでこの時点で論外で,「はたして倫理委員会をちゃんと通して論文を書いたのだろうか?」という疑問があります(Epidemiology誌では記載が求められるはずですが査読でなぜひっかからなかったんでしょうね?).
回答:論文中に書いてありますので、ご確認ください。今日、医学論文は研究倫理に関する記述がなければなかなか掲載してもらえません。論文中に書いてある論文も結構あります。
2. そ…

和訳と考察 長崎大学&ベラルーシ研究発表「放射線と甲状腺がんリスク:福島とチェルノブイリ」

The Lancet: Diabetes and Endocrinology (「ランセット:糖尿病と内分泌学」)2016年8月号に、長崎大学(高村昇、折田真紀子、ウラジミール・サエンコ、山下俊一、長瀧重信)とベラルーシ(ユーリ・デミチク)の共同研究が、コレスポンデンスとして掲載された。これは、2016年8月4日に福島民報に掲載された記事で言及されている論文だと思われる。以下は非公式和訳である。



放射線と甲状腺がんリスク:福島とチェルノブイリ
ウクライナのチェルノブイリ原子力発電所事故から30年、そして福島第一原子力発電所での危機から5年が過ぎた。チェルノブイリ災害後、ベラルーシ、ロシアとウクライナにおいて、事故時に放出された放射性ヨウ素に被ばくした小児と思春期の青年らの間で甲状腺がんのかなりの増加が報告された。このチェルノブイリでの経験に基づいて、福島県民健康調査の枠組み内で甲状腺超音波検査が行われている。この検査は福島事故当時18歳未満(原文ママ:実際には事故当時18歳「以下」)だった住民すべて(およそ36万人)が対象である。2011年10月から2014年3月に実施されたスクリーニングの1巡目では、受診者 300,476人中113人が、甲状腺悪性腫瘍確定または疑いとされた。
福島事故後の甲状腺がんの発見は、現代的で精度の高い超音波技術によるスクリーニングの影響かもしれない。この問題を調査するために、福島での放射線被ばくと甲状腺がんの間の因果関係は、特にチェルノブイリからの既存の証拠に対して注意深く評価されるべきである。
チェルノブイリでは、被ばくした小児の甲状腺被ばく線量平均値は、ベラルーシで 560 mSv[SD 1180]、ウクライナで 770 mSv[260]と推計された。一方、事故後に福島の1000人以上の 0〜14歳の小児の 99%で報告された甲状腺被ばく線量は、15 mSv未満だった。これらの低いレベルでは、福島での被ばく線量が、被ばくの可能性から 4年以内に検出可能な甲状腺がんの過剰例を起こした可能性は低い。
もうひとつの考慮すべき重要点は、2つの事故後の患者の年齢である。ベラルーシでは、事故前に設置されたがん登録によると、事故後最初の4年間(1986〜1989年)に被ばく時に0〜15歳だった患者で25例の甲状腺がんの手術例が報告された。この数字は、199…